昔の暮らし

雨と霧が続いているウェーズです。今日はストームがやって来て、飛ばされそうになってしまいました。

b0110999_01060117.jpg

さてこの写真はカッスルヘンスレイと呼ばれる鉄器時代の遺跡です。うちから車で20分くらいのところにあるのですが、、、初めて先週行って来ました。

この遺跡、、、と言うか茅葺の家。2000年以前にこの地にあったものを、26年前に再現したものです。もちろん、コレはオリジナルではありませんが、住宅跡が残っていたところに立て直してあります。

ここは美しい森の中に小川が流れるです。川の流れる低地から丘を登って行った、頂上に位置しています。グラストンベリーのトーアまではいきませんが、高地に建てられています。


b0110999_01071527.jpg

これは長者と言うか、リーダーの家です。暗くって写らなかったですが、室内はとても広く中央には大きな土間のような、キッチンや暖かさのための、薪を焚く場所があります。奥には二つのダブルベットもあるし、仕事場(織物がされていました場所)も。

住みやすそうで、ビックリでした。

そう言えばこの近辺では、最近エコハウスをワラや、漆喰で作る人が増えているので、似たようなものですね。


b0110999_01082058.jpg
こちらは、食糧倉庫。まるで高床式の建造物ですね。

この周辺にはイタチや、コウモリもいるんです。

b0110999_01091179.jpg

ケルトの戦士には不可欠。


b0110999_01101242.jpg
ケルト族は、こんな服を着ていたそうです。おしゃれですよね。ウールの織物が素敵です。


この日は、ストーリーテラーと呼ばれる、鉄器時代の夜のお楽しみの、エンターテイメントだったお話を聞きに行きました。この日の題目はウェールズの有名な「マビノギオン」でした。


この話は、また別の機会に。



3月末のリトリート、まだ余裕があります。今からでもどうぞ。



アカシックレコードリーディング、スカイプで行っています。ウェールズのパワースポットからのリーディングです。是非お試しを。

お問い合わせは、123stepsinfo*gmail.comまでお願いいたします。*をaに直して下さいね。



いつもブログにいらして下さり、ありがとうございます。



多くの歓びを。






[PR]
Commented by BBpinevalley at 2017-02-27 03:27
これはとても素敵な住居ですね。
デザインが素晴らしい。
また、ファッションもお見事ですよね。
2000年も前ですか。
じゃあ、日本はまだ縄文時代ごろ?
進んでいるような気がしますね。
あのファッション、今でも先端風です。
Commented by eithbed at 2017-03-01 01:08
BBpinevalleyさん
そうなんですよね。。。おしゃれですよね。。。昨晩テレビの番組でイギリスの3000年前の遺跡の話をやっていましたが、そこで出て来た生地の破片は驚くべきでした。現代のものと変わらないほど、織が細かくってぴっしりおった生地でした。これだったらスーツができそうという感じでした。時代ごとに素晴らしい人たちがいたんですね。。。
by eithbed | 2017-02-27 02:25 | ウェールズのおもしろところ | Comments(2)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31