オー!アメリカ



アメリカから帰って来て一週間がたちました。
メンフィスへの旅は遠く、一週間の旅のほとんどを高速で過ごし、
最終日は突如気分が悪くなり、意識がないような状態で
車に乗っていました。

一泊休んだものの、そのままイギリスに戻って来たら
体調が悪くなってしまい、、、元気をアメリカに
忘れて来たような感じでした。

「週末はお客様がいらしたので、ご案内しなくちゃいけないし、、、」
と、思っていたらウェールズの土地は癒してくれました。

どうやら娘たちや姪っ子たちがかかってしまったの同じ、
プールか川で耳に菌が入ってしまったようで
具合が悪くなったようでした。

b0110999_03594712.jpg
メンフィス、暑かった。
朝の11時頃、40度くらいでした。

ナッシュビルに比べて古い町が残っています。
いい感じ。時間がなくって走って見て来ました。

b0110999_04010710.jpg
BBキングだー!


b0110999_04102715.jpg
前夜18歳の娘を連れて家族でこのビールストリートへ。
たくさんのバーがあり、かっこいい音楽が演奏されている
ストリートです。

ブルース、フォーク、ロックなどなど聞こえて来るし
見えるのです。カーボーイのような人もいる!

アメリカは飲酒が21歳までは許可されていませんから
バーにも入れません。がっくり。

それでこのブルースカフェで夕食を食べたのです。
サザンフード!わーい、美味しいかったのですが
ヴィーガンの娘はグリーンサラダとポテト。ところが
ドレッシングに卵が入っていたようで、、、。

アメリカの旅でのヴィーガンは大変。

b0110999_04260524.jpg
メンフィス好きだったなあ。
ナッシュビルではメンフィスは危ないから
「気をつけつけなさい」と言われたけれども、
夜は警察がいっぱいいるし、ホテルの人いわく
私服の警察官も大勢いるそうなので、安心でした。


ウェールズは涼しくってカーディガンを来てちょうどいいです。

次女は昨晩カルフォニアに一人で旅立ちました。
娘たちも成長しました。



8月になりました。
今日はラマスの火。
火を焚く日だそうです。



ブログにいらしてくださりありがとうございます。



愛と喜びを込めて







[PR]
by eithbed | 2017-08-02 04:28 | | Comments(0)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31