ウェールズのケルト神話に出てくるお城では?


春を感じられるようになって来たウェールズです。
太陽の位置が冬の一番暗い時期よりも、
上昇してきたために、温度も少し暖かくなってきました。


b0110999_05104065.jpeg
今日は、こんなお城に呼ばれてしまいました。
うちから車で、20分くらいのペンブルクシャーでも南側に位置します。

b0110999_05122304.jpeg
ここはお城と呼ばれていますが、
僧侶のための場所であったそうでが、
高台にあるために、守りが固められる
戦闘用でもあったのです。



12世紀に木造物が建てたのが、最初と言いますが、、、。


実はウェールズの神話のマビノギオンに出てくる
お城でもあると、わたしは思っています。


それなので、実は昔、昔からケルトのお城が
あったはずだと。

b0110999_05240300.jpeg
徒歩で足場の悪い所を苦労して丘を下って行くと、
ここから車で1時間近くの
セントデービットへの巡礼のための
教会がありました。


b0110999_05163242.jpeg

どこの教会にも植わっている、
力強いイチイの木。

ケルトの神秘的な木です。


b0110999_05302419.jpeg

お城の近くにあるホスピスの跡。

紀元前のケルトの時代からホスピスは宿泊所であり、
巡礼に疲れた人々が、無償で食事をさせてもらったり、
病を治療してもらうような場所でした。

b0110999_05501771.jpeg

今は静かな田舎の小さな村の一角に忘れ去られてしまっていますが、
巡礼者で昔は大にぎやかだったそうです。

ペンブロークシャーは、セントデービッドが西のはずれに
位置しますからウェールズ全体から巡礼の旅が行われて
いたのでした。


文化の豊かであったウェールズのこの地。
歴史が豊富です。




お知らせ

3月21日は春分の日です。
一年のうちでも地球のエネルギーの動きが
大きな日です。

嬉しいことに、今年はその日東京に。

みなさんと時間を共用したいなと思っています。
都心の自然の中で、植物や土地のエネルギーを
感じてみましょう。

今回は午前中に自然を感じてみる。
午後にお食事をしながら、ウェールズや
ケルトのお話に花を咲かせるという、
二部構成にする予定です。


21日は開けておいてくださいね。



今日もブログにいらして下さり、
ありがとうございます。


ラブ


スカイプアカシックリーディングも行なって
います。

お問い合わせ、ご予約は123stepsinfo*gmail.com
までお願い致します。*を@に直してからイーメイルをね。



















[PR]
Commented by helebore at 2018-02-21 22:20
eithbedさん、
あー、日本にいかれるのですねー。実は私たちイースター休暇4月1日から12日までイギリスに行くのですが(だんなの息子家族、Ross on wyeの近く)できればお訪ねしたいなーと思っていたのですが、日本滞在の期間でしょうか?メリエル先生のヨガもぜひ受けてみたいなーなど夢を膨らませているのですが。。。

日本に行くのにはいい時期ですよね。きっと桜も見られるかも。いいなあ。
Commented by eithbed at 2018-02-22 05:41
> heleboreさん
え、、、!残念。4月15日に戻ってくるんです。メリエルさんは、8日です。
でもハーフタームだから個人レッスンもしないだろうな。。。レッスンもないだろうし。

あ、、、本当にお会いしたかったです。
またの機会に。
by eithbed | 2018-02-21 06:19 | ウェールズのおもしろところ | Comments(2)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30