4月も終わりに近づいて来ましたが、こちらはまだ寒いです

b0110999_21232039.jpeg
今日は綺麗に晴れたウェールズです。
オットはイングランドの方まで、
バイクのレース?に行きました。

今年は寒くって、震えていますが、、、。

でも昨日は暖かく、畑仕事に大忙し。


b0110999_20342401.jpeg


寒くても畑に毎年顔を出してくれる、ワイルドガーリック。
毎日サラダに入れています。


b0110999_20381064.jpeg
今年もタンポポの季節がやって来ました。
多くの牧草地がタンポポで、黄色に染まっています。


わたしは花をつける前のタンポポを掘り起こして、
煮出して飲んでいます。

解毒作用があるそうです。



b0110999_20422783.jpeg

土地が広いのは、嬉しいけれど、、、
作業は本当に大変です。
夕方になると腰が痛くて、困ったものです。


b0110999_20472334.jpeg

寒いからか、桜の花数が少ないけど。。。
美しさに、感謝。


b0110999_20482256.jpeg

レッドかランツ左と、ブラックカレンツ右。
フルーツが膨れて来ました。


6月末の収穫時期が楽しみです。



グラストンベリー、ウェールズリトリート
5泊6日

6月10日 カーディフ空港集合、ブリストル
マリオットホテル泊。

11日 地球のハートチャクラと呼ばれるグラストンベリーの探索
大天使マイケルのトール、聖杯が落とされたと言われている
チェリスの井戸、アーサー王、グエネヴィア王妃の墓があった
元修道院などなど。。。
k
美味しいベジタリアンのレストランもあります!

この夜からウェールズへ。ドラゴンエネルギーの
強力な海辺のホテルに4泊します。


12〜14日は、ケルトの地であり、古代遺跡の多く
残るウェールズの地を体感していただきます。

ストーンヘンジの巨石の一部はここから運ばれました。
ヒーリング力を持つからです。
この地は次元的にもヒーリング的にも強い場所です。


ここでは妖精、精霊、ケルトの神官のドルイドとの
出会いもあるかもしれません。

土地を歩き、転がり、裸足になり、
大きな声を出し、身体を動かし、、、。
味わって!


日本ではちょっと恥ずかしてできないことも
ここではオーケー。全身で感じましょう。


最終日の15日はカーディフの空港か、
駅までお送り致します。


イギリス在中30年のプロアカシックリーダーに
よって案内されるリトリートです。

ご一緒に次の次元に拡大しましょう。


参加費 19万5000円
全朝食、夕食、移動含みます。


お問い合わせ、ご予約
123stepsinfo*gmail.com
*を@に変えてご連絡下さい。


お待ちしています!



今日もブログにいらして下さり、ありがとうございまーす。


明日は満月














[PR]
by eithbed | 2018-04-29 21:25 | Comments(0)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31