人気ブログランキング |

ひいひいおじいさんは、長崎に?



b0110999_05491472.jpeg


長崎、オランダ坂を上って行くと、
この家が気になった。

朝食を食べていなかったので、
コーヒーが飲めるの一言と、家の見学が
無料で出来とのこと。


b0110999_05494711.jpeg

早速庭に歩み行ったら、、、。
「え?ここ」。
ゾクゾク。

b0110999_05464256.jpeg
室内は、明治時代の日本の洋館。

「もしかして?ここそう?」
長いこと、探していた場所は長崎だったのかな?


夫のひいひいおじいさんは、江戸後半期か
明治初期くらいに、日本に来ていたのです。

でも資料など残っていないので(わたしの
目に入っていないだけかもしれないけど)、
彼がどこに住んでいたか?、、、
横浜という話だけど、、、。

でも長崎だったのかも。


b0110999_06004432.jpeg
長崎の有名なビジネスマンのグラバーさんをはじめ
多くのスコットランド人が長崎にいたようですから、
スコットランド人のひいひいおじいさんが、ここに遊びに来てても
もしかして住んでいても不思議じゃない。


この空間にlいる間、「うわぁ、、、」という感覚は
離れず。。。


b0110999_05474978.jpeg
そのあと行ったグラバー邸のある一帯の家や、道も、、、

うーん、怪しさでいっぱいでした。

b0110999_05480936.jpeg

まさか長崎で、こんな出会いがあるとは。
思ってもいなかった、興味深い出会いでした。


今回日本の別の地を旅行している長女は
どんな印象を受けることができたのか?

「長崎は行かないよ!」と娘。。。
一緒に来れず、ちょっと残念でした。


次回は夫も連れて来たいなあと
思ったのでした。


長崎の歴史を振り返ると当然だけれども海外との窓口だったから。
異文化をまず最初に運んで来たのは、この地。
国際的色を今もほんのり残していて、
深い哀愁に浸かった数時間でした。



アカシックリーディングの京都対面セッション

今週土曜日にご希望の方は1時間セッション
できます。よかったらどうぞ。


お問い合わせは、123stepsinfo *gmail.com
*を@に変換させてから、ご連絡くださいね。
お待ちしております。













b0110999_05494711.jpeg
b0110999_05491472.jpeg

b0110999_05480936.jpeg

by eithbed | 2019-03-05 06:24 | にほんにて | Comments(0)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30