人気ブログランキング |

巡礼の旅。今朝リトリートの方々とカーディフでお別れでした


b0110999_22115539.jpeg
ウェールズリトリートが、今朝う終わりました。


4泊5日があっという間に過ぎた気もするけど、
その内容の深さは、経験した人ではわからない
時空を超えた時間。



今朝は5;30に出発
寝たのは午前2時過ぎ。。。


リトリートの最終日の昨夜
寝たくなかった。

ただ、ただこのメンバーで話していたかった
たくさんの笑いと涙。


b0110999_22094646.jpeg

今回のリトリートは「8人が集まる。
テンプル騎士団の古い教会のある場所に宿泊する」。

これがわたしがアカシックリーディングで
受けていた情報。

そしてのちにやって来た情報は
グラストンベリーにも行きなさい」。


そう決めたら、とんでもない光の存在と出会ってた

過去生の神聖なる強い繋がり


グラストンベリーにセッションルームがあるからと、
光の存在と優しさの塊のパートナーで会うこと決定。
2つの強力なレイラインの交わるセラピールームで
オーラ写真を通して、リーディング


「その情報はあたりにも神聖で、大きくって
人間の意識では、簡単に理解できない。」


8人の一人、一人が、驚愕し、、、。虚無の世界に投入
最後のわたしの番が終わると、その情報が個人の状態だけでなく
わたしたち全員に共通することであることが、わかった
グループの集団意識の開放。


過去に忘れて来た羽根も取り戻し
少しずつ「私たちは本当はだろなのか」を
思い出して来た。


ずしんと手に感じるテンプル騎士団の十字架は、
涙を呼び起こす。

遥か彼方からの、何度も繰り返されて来た
出会い。わたしもこんな素晴らしい方達と
出会えるようになった。



上の写真はテンプル騎士団の、教会。


古代には女神を
祀っていたはず。

ここに聖なる泉もあるから。

b0110999_22470478.jpeg
過去生の統合

忘れられた土地を思い出す。
それは、自分の記憶であり、
土地からの情報。



b0110999_22082449.jpeg

美味しい、ランチ。
わたしの大好きな場所が、
リトリート参加者の場所にもなっていく



「巡礼」。

これがテーマであった。



リトリートに参加なさった方へ

遠いイギリスウェールズまで来ていただき
ありがとうございました。


このご縁はここでは終わりません。

ここがスタート。

500歳までも、1000歳まで
一緒に長生きしましょうね。


ワクワクしかない、これからの人生です。










by eithbed | 2019-06-14 23:32 | イベント | Comments(0)

イギリス生活が長いわたしですが、12年前にウェールズの山に引越してきました。瓦礫状態に近かった農家を直し、長いこと夢だったおいしい野菜作りに励む日々です。


by eithbed(たかはしふさえ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31