人気ブログランキング |
ブログトップ

イギリス ウェールズの自然なくらし

カテゴリ:地震後、みんな一緒にがんばろう( 30 )

ジャパンデー2

日本は今日が振り替え休日なのですね。明日から5月。時がたつのは、なんとも早いものです。こちらは強風が吹き荒れ、車を運転していると、折れた木々があちらこちらに落ちているのをみます。3月に一度は暖かくなったもの、昨日は雪がちらつき、ここ数日の温度は10程度。外の野菜はちっとも、大きくなれないのです。

ジャパンデーの続きへ参りましょう。
ジャパンデー2_b0110999_186236.jpg
京都でボランティアをしている方のアイデアを頂いて、おにぎりを作りました。サランラップをお茶碗に敷き、ご飯を乗せて具を入れ、そして丸めるだけ。これだと簡単だし、清潔ですものね。見た目もかわいいですね。

おにぎりの具は、ふりかけ、紫蘇、梅干。梅干は大分の友人のお父様が漬けられたものと、北九州の友人が漬けたものです。ありがとう!!ここでも、梅干活躍しちゃいましたよ!!
ジャパンデー2_b0110999_1865063.jpg
イギリスですもの、ケーキをかくことができませんね。
ジャパンデー2_b0110999_187384.jpg
おっと、忘れちゃいけない。ウェルッシュケーキ。今度レシピもいれますね。
ジャパンデー2_b0110999_1871416.jpg
わかるかな?いなり寿司、海苔巻き、玉子焼きもあるんです。

北九州のハッピを譲ってくださった方、重宝しております。ありがとうございます。

面白かったのが、いなり寿司。「一体これは何?」というのが、皆さんの質問。不思議な食べ物に思えたようで、最初はこわごわと挑戦していく方が多かったのです。ところが、お代わりといなり寿司だけを再び買いに来る人が、何人もいらっしゃいました。

お寿司の先生いわく、「あの甘さがイギリス人の味にぴったり」だそうです。土曜日は、早々売り切れ、私たちの口には入りませんでした。
ジャパンデー2_b0110999_1872447.jpg
お寿司教室の準備です。海苔巻きのまき方、いなり寿司の作り方を学び、作ったものはお持ち帰りができました。みなさん、とても楽しそうに作られていました。
ジャパンデー2_b0110999_1873458.jpg
お習字教室。
にほんごを書いてみる。

難しそうに筆を動かす方々。みなさん、とても素敵な字を書いていらっしゃいました。先生がよいということもあったのですけど。
ジャパンデー2_b0110999_1874482.jpg
お茶碗つくりも経験できました。

「目を閉じて、震えている小さなウサギちゃんが手の中にいるように感じてごらん。粘土も同じ。うさぎを怖がらせないような感じで、粘土を触り、そして形を作ってごらん」と、眼鏡をかけた陶芸家のロビンさんは、教えたそうです。私もやってみたかったな。
ジャパンデー2_b0110999_18435037.jpg
お茶をたてるマークさん。多くの人が、お茶を頂いていましたが、お味の方はいかがだったのでしょうね?
ジャパンデー2_b0110999_18521572.jpg
こちらは、ネイルをしてくれている方。桜の絵のマニュキアがとても素敵でした。
ジャパンデー2_b0110999_18522865.jpg
あれ?ピカチュウの着てる!!
ジャパンデー2_b0110999_1853889.jpg
着物の試着は、大人気。ここで着せてもらってから、写真を撮ってもらい、その写真をその場で、イーメイルで送るなんてサービスをしたのでした。

着物を着た人はみなさん、大喜びでした。

このハッピもかっこいい。北九州の有名なお祭りのハッピを頂いたのでした。ありがとう!!
ジャパンデー2_b0110999_18532784.jpg
チョコレートやさんたち。チョコレートを買って、そこに好きな文字や、絵を書くのです。普段はちょっと高いチョコレートやさんなのに、今回は非常に安いお値段で、出してくださったのです。

あとから買えばよかったと大後悔!!(買う時間などなかったのですけど)。
ジャパンデー2_b0110999_18533643.jpg
娘たちの学校の校長先生(左)も、ウェッルシュのイベントのあとに、いらしてくださいました。グイニー(スマイルのウェールズ語)という言葉に、スマイル。いつもニコニコの先生です。

この他にもラッフルがあったり、マージャン、指圧、ひょっとこ踊り、盆踊りと、にぎやかに時が過ぎていったのでした。日本の文化を体験してもらえた1日でした。

ペンブルクシャー・ジャパン・ソサエティー、、、去年の悲しい震災が私たち日本人をつなげてくれました。ここがスタート地点のような気がします。さて、この先、どうなることやら。面白いことがたくさん待っているような気がします。

みなさん、お疲れ様でした。


今日もブログにいらしてくださり、ありがとうございます。

よい1日をお過ごしください。
by eithbed | 2012-04-30 19:11 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(5)

Japan day1

ペンブルクシャーのジャパンデーは蓋をあけたら、12時からのオープン前から、大賑わいのイベントとなりました。なんとも長い日で昨晩はぐったりでしたが、日本人や、その家族、友人が一丸となり、地震で孤児になったお子さんのために、募金活動ができたのはうれしいことでした。日本の文化を経験してもらうにも、素晴らしい日になったはずです。
Japan day1_b0110999_18393884.jpg
昨日朝、7時半過ぎから、ジャパンデーのお寿司作り。私はいなり寿司係り。きれいに作れました。写真だけみたら、イギリスとは思えないですね。
Japan day1_b0110999_18395064.jpg
かっぱ巻きもどんどん作られていきます。
Japan day1_b0110999_1840453.jpg
お寿司の先生の指示に従い、どんどんプロジェクトは進んでいきます。途中で、先生のだんな様の美味しいコーヒーと焼き立てクロワッサンで朝食も頂いてしまいました。
Japan day1_b0110999_18401723.jpg
こちらの方は、おにぎり作り。
Japan day1_b0110999_18415574.jpg
会場に着くと、すでに準備が始まっていました。
Japan day1_b0110999_18423925.jpg
街にきれいに咲く桜を頂いて、お花生けてくださいました。今回のテーマは「桜」です。
Japan day1_b0110999_19125469.jpg
桜があっちこっちに。お習字は、「さくら」という言葉を書いてもらした。
Japan day1_b0110999_19124172.jpg
編み物のかわいい桜のブローチも売られました。
Japan day1_b0110999_18425044.jpg
準備がどんどん、進んできました。
Japan day1_b0110999_19194218.jpg
家族や、友人たちが集まって手伝ってくれます。
Japan day1_b0110999_18422787.jpg
10時半頃過ぎ。私たちの会場の駐車場には、多くの人が集まっています。ウェールズの文化を楽しむ「エイステッドボッド」というお祭りが、来年ペンブルクシャーに来ることを祝ってのイベントが、行われていました。
Japan day1_b0110999_18404027.jpg
ウェールズ人の有名なシンガーが歌います。多くの人が、にぎやかに集っています。知り合いの人もたくさん参加しており、ジャパンデーへの参加もお願いしました。

幸運なことに、ここに参加した人たちが、私たちの会場にもこのあと流れてくれたのでした。


今日もブログにいらしてくださり、ありがとうございます。今朝のこちらのお天気は、強風、雪、大雨と昨日の晴れて、良かったと「ほっとしている」ところです。


良い1日をお過ごしください。
by eithbed | 2012-04-29 19:29 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(6)

明日は、ジャパンデー

明日は東北震災の1年の募金のためジャパンデーを行います。今週火曜日に最後のミーティングをし、その後毎日、ペンブルックシャージャパンソサエティーの方々にイーメイルが飛び交うところです。

今日は、肉なしジャガを作ります。100人分を作るので、ちょっと不安でしたが、家族のお助けの力を借りてどうにかなるかな?と思っています。そんな大勢のお料理を作ったことがないので。。。

明日は7時前に家を出発して、お寿司エクスパートの方のお家で、おにぎり、お寿司の準備をし、その後、飾りつけなどのために会場に。12時のスタートまで、大忙しです。その後、16時まで、色々な催しが行われます。多くの人が来るのを祈るだけです。晴れるといいけど。

ちなみに、明日はウェールズのお祭りのエイステッドボッドというイベントが来年ペンブルクシャーに来るので、それを祝って、子供たちの行列があったり、歌踊りが行われるそうです。その場所が偶然に私たちのイベントを行う隣のホールや、外のフィールドで行われるとか。多くの人でにぎわうことにはなりそうなのですが。。。ふーむ?

是非、、、いらっしゃってください。。。(ブログにいらっしゃる方に全員来ていただきたいくらいですが。。。)

場所 イギリスウェールズ ペンブルックシャー ハバフォードウェスト ピクトンセンター(カウンシルハウスの隣です)。

時間 12時から16時まで。


明日は、ジャパンデー_b0110999_1714556.jpg
家の周りの木々にも少しずつ、青い芽がではじめました。なぜか、家の正面のこの木だけ、早いのです。
明日は、ジャパンデー_b0110999_1715862.jpg
こちらの木の葉はまだでてきません。
明日は、ジャパンデー_b0110999_17151880.jpg
今年お初の、パープルスプラウト。ブロッコリーの仲間です。畑で元気よく、育ったので、色も香りも、お味も一品。パスタの具にしました。


ペンブルックシャージャパンソサエティーのフェイスブックを作りましたので、ご覧くださいね。今のところ、英語ですけど。Pembrokeshire Japan Society


今日もブログにいらしてくださり、ありがとうございます。


良い1日を。今日もニコニコです。
by eithbed | 2012-04-27 17:22 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(0)

募金をやってみて感じたこと

昨日も書きましたが、この1ヶ月ちょっとで、合計4、000ポンド以上のお金が東北地震被災した方々のために、集まりました。このお金はすべてブリティッシュレッドクロスを通して、日本に送金されます。被災者の方々に、うまく使われることを祈っています。。。

さて、今回募金をやって見て思ったことですが、小さな額、例えば、5円、10円、50円ががたまれば、巨大な額を作れると言うことです。塵も積もれば、山となるです。

特に感じたのは、スーパーマーケットの前で、バケツを持って募金をしたとき買い物をすませた人が、男性は手にもっているコインを、またはズボンのポケットから1ポンドや、20ペンスを出して、女性は、お財布を開いて、コインをポンとバケツに入れてくれたことを、目にしたことでした。

お札を入れてくれる方も数人いましたが、ほとんどが、小さな額を入れてくれました。どんな小さな額でも無視されるよりは、どれほどうれしかったことか。

そして5時間半の募金で、多くのお金が集まりました。

イギリスはチャリティーが盛んな国ですから、普段からラジオや、新聞の広告でチャリティーにお金を募金のお願いがたくさん行われます。ただし、一口は、最低でもお札一枚半から2枚、、、それ以上です。

ところが、ペンブルクシャーの日本人グループがおこなったのは、大きなチャリティーの団体に比べたら、非常に小さなスケールでした。多くの方のお手伝いと優しい気持ちが無ければこれはできなかったはずです。

今回の募金活動をして思ったのは、どんな小さな額でも募金活動をしていたら、お金を入れてあげようと思いました。小さな額が大きな額を作れることがわかったからです。

早速、コンピュータークラスの先生の友人のパラリンピックに参加する人のために、ペンを1本買いました。
by eithbed | 2011-05-15 17:13 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(6)

今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)

今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_119450.jpg
イギリスペンブルクッシャー、ハバフォードウェストのスーパーマーケットモリソンズ。今日はお天気に恵まれました。ロイヤルウェディングを明日(29日です)に向かえ、人々はお酒、食料を買うために、集まります。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_119144.jpg
あれ?はっぴを着た人がいます。博多どんたくって背中には書いてありますね。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_119331.jpg
もう少し近づいてみましょう。日本人ですね。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_1194345.jpg
スーパーマーケットの中に入ってみましょう。あれ?折り紙を折っている人たちもいます。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_1195689.jpg
あれ?浴衣を着た女の子たちも。何をしているでしょう。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_120666.jpg
近づいてみましょう。何か話をしていますね。折鶴をあげているんですね。

そうなんです。今日は、このスーパーマーケットで、日本人の有志が集まり、東北地震津波の募金活動を朝から夕方まで行ったのでした。
今日は、募金集めです!!(28日のはなしです。)_b0110999_1201624.jpg
1ヶ月前には、こんな田舎に日本人がたくさん住んでいるなんて知りませんでした。悲しい地震が起こったのは、残念ですが、日本人同士、交流が取れることになったことは素晴らしいことです。

次から、次へと多くの方々が、小銭や時にはお札を入れてくれました。日本を応援している気持ちがとてもうれしかったです。「さて幾らくらい集まったのか?」楽しみです。

スウェーデンのゴッセンバーグと言うところでは、昨晩、九州新幹線のこの素晴らしいCMの歌を歌ったマイラ平川さんをはじめ、バレー、音楽と盛りだくさんなイベントが行われたそうです。スウェーデンに住んでいらっしゃる私の英語の生徒さんのお話です。

海外に住んでいる方々は九州新幹線のこのコマーシャル見たことがないかもしれませんね。私も、たった今見たところですが、涙、涙。心が暖かくなり、じわーっと涙がでてくる愉しいコマーシャルです。ガンバレジャパンとますます思ったのでした。

こうやって、日本を応援している人たちは、数えられないほどいます。
by eithbed | 2011-04-29 01:51 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(2)

日本への募金会

日本への募金会_b0110999_555932.jpg
木曜日のイベントの話をもう少し。夜7時のスタートの時間前からお客様がぽつぽつと到着し、7時には多くの人が集ってくれました。

お客様が到着するころ、友人のクリスさんが、日本の音楽をピアノで弾いてくれました。私の持っていたジブリのピアノ曲集と、滝廉太郎の荒城の月、そして桜を繰り返し弾いてくれました。日本人の私たちにとっては涙が出るほど素敵なピアノ曲でした。
日本への募金会_b0110999_56999.jpg
着物着付け担当のヨシさん。

彼女のアンティークの着物のコレクションが役に立ちました。イギリス人のお客様方、着物を来て一瞬の日本人姿を楽しんでくれました。買いたいという人もいたくらいです。
ちなみに、ヨシさんの着ているのは、ご自分で元訪問着を洋服に直したもの。とてもおしゃれで、コムデ・ギャルソンのようなのでした。小さな黒いビーズが、おしゃれさを増していました。
日本への募金会_b0110999_561998.jpg
残念なことに、食べ物の写真を一枚も撮らず。。。後ろに奥に見えるのが、巻き寿司。このほかにおにぎり、玉子焼き、パープルブロッコリおひたし、そしてケーキ、ケーキ、ケーキを売りました。ほとんど全部が売り切れました。

売るお手伝いをしてくださった中国人の方。
日本への募金会_b0110999_5628100.jpg
イギリス、ウェールズ、日本の旗を掲げました。
日本への募金会_b0110999_563824.jpg
イギリスでは、何かあることにラッフルチケットと呼ばれる、くじ売ります。この方たちの前にあるのが当たるともらえる商品。お手伝いありがとうございます。
日本への募金会_b0110999_564867.jpg
ヨシさんのお嬢さんのラルちゃん。普段から何でも作っちゃうし、とても器用なのでこの日は、鶴のつくり方を、皆さんに教えてあげていました。まだ8歳じゃなかったかな?

今回特別ゲストがいらっしゃいました。地震が起こった直後日本へと向かったイギリスの救援隊に参加なされた消防士のダイソンさんが、体験談をお話してくれたのです。

残念ながら、私はマッサージをしていたので、彼の話は聞くことができませんでしたが、家族の話によると、「到着した街(仙台のことでしょうか?)は異常に静かで物音しなかったこと。そして建物が何も残っていなかったこと。災害に会われ、どれほどつらい思いをしているのかわからない方たちが、とても感謝されてやさしかったこと。」涙を流しながら、聞いている人がたくさんいたそうです。

今回の災害の募金のための会に、いらしてくれた方はどなたも、とても満足して帰ってくださったようです。どなたも愉しかったという話をしてくれました。
by eithbed | 2011-04-18 05:38 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(8)

イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント

「あー愉しかった」というのが、感想です。昨晩7時から9時過ぎ迄、ハバフォードウェストと言う街にあるカレッジで、募金のイベントをしました。日本の文化を経験してもらい、お金を頂こうと言うのがアイデアでした。
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_19373550.jpg
何人もが、浴衣や着物を着て盛り上げました。
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_19374535.jpg
お華のデモストレーション。
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_1938827.jpg
折り紙の体験。
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_19381953.jpg
今回のオーガナイズをしてくださった典子さん。日本語を勉強している生徒さんもお手伝い。
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_19395917.jpg
寄せ書き
イギリスウェールズペンブルクシャー日本への募金イベント_b0110999_19372421.jpg

ここ1週間は、このイベントで大忙しでしたが、多くの方に参加してもらえたのは、うれしいばかりです。また今まで存在を知らなかった多くの日本人の方にも出会うことができ、素晴らしいときが過ごせました。

お手伝いいただいた方、いらっしゃった方に、大きなThank youを送りたいです。
by eithbed | 2011-04-15 19:58 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(4)

高橋はるのさんーロケットストーブを使ってピザを焼く編

ロケットストーブですが、以前紹介したは高橋はるのさんがロケットストーブの使い方第2弾のピザ焼きを漫画で描いてくださっています。

とてもわかりやすく描かれているので、これで皆さんパンも、ピザも、何でもこいですね。


今日も春の日を楽しみましょう。


ありがとうございます。
by eithbed | 2011-04-10 07:08 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(4)

アムダ、桜、桜

私の大尊敬する原丈二さんが支援するアライアンス・フォーラム財団が活動支援している特定非営利活動法人アムダというのがあることを、日本の妹から聞きました。原さんは、バングラデシュで取り組む、医療と教育の改善事業、アフリカでの食料・飢餓問題に力を入れていらっしゃる国際的、ビジネスマンというか経済なんでもやさんと言ったほうがいいかもしれません(ここでのリンクは、ほぼ日刊新聞のインタビューです。

今回の地震で本当に、いろんな方が、いろんな方法でかかわっているんだなっと思うのです。日本の底力を見せられている気がしますね。みんな、がんばれと応援したくなります。

昨日は、午後からヨシさんのお宅にお花見。あちらこちらに植えられた桜はお見事。ほとんどの木がまだ小さいのですが、心を洗ってくれるような素晴らしいお花。桃色、赤みのあるピンク色、赤めの色と、いろんな色のお花が私を迎えてくれました。

おいしいお昼を頂き、ひっきりなしのおしゃべりを夕方7時過ぎまでしていました。

彼女のおうちは、とても、とても素敵なのです。うちより豪華なファームです。金曜日から、月曜日、または金曜日から1週間で、貸しコテージもなさっています。コテージは、豪華なアンティックな家具があちらこちらに置かれ、素敵な絵もたくさんあります。今は亡きヨシさんのだんな様のご両親が集めたアンティークだそうです。ここの中に入ると、ちょっとお姫様になったような気になってしまいます。そんなホリデーをお過ごしになりたい方は、是非どうぞ。

陶芸家のだんな様、地に足の着いた素敵なヨシさんと元気なお子さん3人が大歓迎してくれることは、間違いなしです。


ほっとするイラスト。妹のブログです。
by eithbed | 2011-04-09 16:01 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(3)

義援金かそれとも物を送ったほうがよいのでしょうか?

昨晩の地震の影響がかなりでているようですね。くれぐれも、お気をつけて。
義援金かそれとも物を送ったほうがよいのでしょうか?_b0110999_18401885.jpg
ビニールハウスの中のブルーベリーの花です。まるで鈴蘭の花のようです。半そでのかわいいブラウスの袖のようです。
義援金かそれとも物を送ったほうがよいのでしょうか?_b0110999_18402875.jpg
まぶしい黄色の菜の花を見るには、サングラスが必要そうです(笑)。
義援金かそれとも物を送ったほうがよいのでしょうか?_b0110999_18403739.jpg
大根の白い花はひっそりと美しく。
義援金かそれとも物を送ったほうがよいのでしょうか?_b0110999_18405173.jpg
父からもらった、イチョウの木。やわらかい若芽がでてきました。

おととしから銀杏を何十個も植えているのに、ねずみに食べられたり、温度調整、雨にあたりすぎと育ったのは、たった1本だけ。5cmくらいの小さな木が一生懸命格闘して、成長しつつあります。

昨夜から考え中の義援金について。
円が高いためにポンドから換算すると安くなってしまうために、それじゃあ、どうしたらよいかと思案中、こんな考えが浮かびました。

昨日のブログに紹介したキャロラインさんは、航空会社のバージン社とヒタチ自動車に無料で協力してもらいイギリスで、物品を集めて、仙台の友人あてに送っているそうです。そしてそこから、被災地の人のところへ物が渡されているとか。

つまり、こちらで必需品を買い災害地に送る。つまりそこには、ポンドの換算は必要がないために、商品を買い直接送る。そのほうが、金額的な無駄は起こらない。そんな考えが浮かびました。

ただし、必需品に対しては、熟考しなくてはいけないでしょうが。

みなさんのお考えはどうでしょう?少なくなっても義援金の方がよいのでしょうか?

何か良い考えがあれば、または、「どこかここに送って欲しい」、「これを送って欲しい」という要望なども教えていただくとよいかと思います。

よろしくお願いします。


今日も私のブログにいらしてくださりありがとうございます。
by eithbed | 2011-04-08 18:57 | 地震後、みんな一緒にがんばろう | Comments(6)

妖精の国ケルト文化が今でも残る南西ウェールズ。大自然に囲まれての環境にやさしく、目覚めの意識を探索の毎日です